スポンサードリンク

2010年01月16日

WordPressでドロップシッピングする方法(14)CSVファイルをインポートして一括投稿できるプラグインcsv2 post

【追記2010年8月】
csv2postの配布が終了しているため、
MT形式でのインポートを推奨していましたが、
現在では別のCSV Importerというプラグインが配布
されているようです。

CSV Importerを利用する方法はこちら

WordPressのプラグインCSV Importerで商品ページを量産する方法

訪問ありがとうございます。
もしもドロップシッピング店長のgingnangboyです。

もしチャレの輪なんかで他の方のショップを見ていると、
膨大な数の商品を取り扱ってらっしゃるショップを見かけますよね。

さすがに手入力では無理だろうと思っていたのですが、
どうやったらできるのか疑問に思っていました。

他の方のブログを拝見してわかったのですが、MT(ムーバブルタイプ)
にはもしもが提供する商品データのCSVファイルをインポートして
作成できる機能があるそうです。



いつも応援ポチッっとありがとうございます。
ワードプレスでもできないのかなと探してみたところ、
csv2 postというプラグインがありました。

ダウンロードはこちらから。

Importing Posts from CSV file into Wordpress

英語のサイトですが、1項目目のcsv2 postをクリックすると
zipファイルがダウンロードできます。

いつもどおり解凍してアップロードすればいいのですが、
注意して欲しいのがアップロード先です。

いつもはpluginsフォルダにアップロードしますが、
インポートのためのプログラムなので、
wp-admin/import/の中にアップロードします。

アップロード後、ワードプレスの管理画面にログインしてみると、
ツール→インポートを見てみるとCSVという項目が
追加されています。

このCSVをクリックすると、アップロードしたいCSVファイルが
選択できます。

まずは練習でImporting Posts from CSV file into Wordpress
に置いてあったサンプルファイルをインポートしてみましょう。

サンプルファイルの中身はこちらです。

csv-sample.JPG

CSVファイルなのに[,]ではなく、[|]が区切り文字に使われていますね。
順番は、記事タイトル|投稿日時|カテゴリ|記事内容|カスタムフィールド?
の様に並んでいます。

実際にインポートしてみると、
csv-dashbord.JPG

本当に投稿できています。

もしもの商品CSVデータをダウンロードして、
フォーマット順に並び替えれば、個別商品ページの自動投稿も
できそうです。

ただ、wp_contentの部分を作成するのに、いかに効率よく商品データ
を利用できるかがポイントですよね。

私も現在いろいろとお試し中です。

できるようになったらご紹介しますね。

<追伸>
むちゃくちゃ力技ですが、私が出来た方法はこちら

もしもの商品データCSVファイルから個別商品ページを量産する方法

以上、WordPressでドロップシッピングする方法(14)CSVファイルをインポートして一括投稿できるプラグインcsv2 postでした。

人気ブログランキングへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへアフィリエイトblogou.gif
blogram投票ボタン

今回のもしチャレの輪ショップ紹介は、
sora さんのショップです。

通販市場 良いもの見つけた。

超できすぎ君で作られていますね。
美容用品で絞られているようです。

男にはわかりづらい分野なので、何がイチオシか参考に
させていただきます。

勉強になりました。

▼もしもチャレンジの応募はこちら。
もしもドロップシッピング

割引コードは417640です。


もしチャレの輪で一緒に頑張っていただける人
是非是非gingnangboyにもしチャレの輪を送信してください^^

ちなみに、私はバリュープランに申し込みました。

[PR]内食グッズ サプリメント販売店 カモフラージュカメラ 家電芸人 おすすめ家電
*****************************************
【WordPressでドロップシッピングする方法】
(1)WordPressとは?
(2)おすすめレンタルサーバー
(3)WordPressをインストールする Xserver編
(4)WordPressをインストールする
(5)ログイン後最初に行う設定
(6)プラグインを導入する方法
(7)最初に入れるプラグイン
(8)カスタマイズが自由自在のテーマAtahualpaを利用しよう
(9)XHTML対応WYSIWYGエディタ「KompoZer」を利用しよう
(10)一つのWordPressで複数サイトを運用する方法
(11)プラグイン「Ktai style」の最初に行うべき設定
(12)プラグイン「Breadcrumb Navigation XT」でパンくずリストを作成する
(13)携帯サイトにアドセンス広告を表示する方法
(14)CSVファイルをインポートして一括投稿できるプラグインcsv2 post
(15)もしもの商品データCSVファイルから個別商品ページを量産する方法
(16)プラグイン「DDSitemapGen」でサイトマップ作成
タグ:もしもドロップシッピング ワードプレス CSVファイル csv2post
posted by 銀(gingnangboy) at 18:55 | Comment(0) | WordPressでドロップシッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。