スポンサードリンク

2010年01月18日

もしもの商品データCSVファイルから個別商品ページを量産する方法

【2010年8月追記】
※csv2postが配布を終了したみたいなので、
MT形式でのインポート方法を紹介しましたが、
別のCSVインポート用プラグインが出ているみたいですね。

CSV Importerを利用する方法はこちら

WordPressのプラグインCSV Importerで商品ページを量産する方法

MT形式でインポートしたい方は1、2の順に参照

1.MTOSでもしもドロップシッピングの商品データCSVから個別商品ページを量産する方法

2.MTOSでもしもドロップシッピングの商品データCSVから個別商品ページを量産する方法

訪問ありがとうございます。
もしもドロップシッピング店長のgingnangboyです。

いつも応援ポチッっとありがとうございます。

前回の記事WordPressでドロップシッピングする方法(14)CSVファイルをインポートして一括投稿できるプラグインcsv2 post

商品データを並び替えて作ったcsvファイルをインポートすること、
個別商品ページの量産化が可能であると言いました。

PHPのプログラムわかればもっとスマートにできるのかも
知れませんが、私がなんとか力技で並び替えて、量産化に成功
した方法を紹介します。

@まずはもしもの商品データCSVファイルをダウンロードします。
↓こちらかどうぞ
商品データCSVファイルダウンロード

Aダウンロードしたページにも書いてありますが、このCSVファイルを
開く際にエクセルの外部データの取り込みから開き、画像コードを
文字列として取り込みます。

CSVではこの情報を保存できないので、エクセル形式で保存します。

B新しいエクセルファイルを開き、csv2 postのフォーマットどおりに
1行目を記述します。

wp_title、wp_post_date、wp_category、wp_content、field1、field2、field3
をA〜G列に順番に入力します。

その下に対応するもしもの商品データを貼り付ければよいのですが、
記事の中身であるwp_contentをどうやって作成するかがポイント
ですよね。

そこで、前もって個別商品ページの基本となるhtmlテンプレートを
考えておきます。
私の場合商品写真、価格、カートを配置。
その下に商品説明、商品スペックと言う基本的な構造にしました。

Chtmlテンプレートの画像番号や商品idなどの変数以外の部分を
細切れにしてG列以降に順番で貼り付けていきます。

変数を入れたい列は空にして置いてください。
1.18csv1.JPG



このエクセルファイルはテンプレートとして利用するので、
大体50列目ぐらいまでは内容をコピーしておきましょう。

注)HTMLソースにはenterキーによる改行は入れないでください。

D空欄にしておいた変数である商品データを対応列に貼り付けます。
 商品id等の2度以上利用する部分はエクセルの「=」で
 セルを参照できるので、極力貼り付け回数を減らせる様に
 しましょう。
 これで記事の中身がG列以降のセルに細切れ状態で作成できました。

Ewp_contentの対応列D列にCONCATENATE関数を挿入します。
 指定したセルを結合できる関数です。
 この関数を利用してG列以降の細切れになったセルを全て
 結合してやります。
 注)上限30列まで

 これでA〜G列までを見るとcsv2 postのフォーマットどおりに
 並んでいます。

FA〜G列だけをコピーしてテキストエディタに貼り付けます。
1.18csv2.JPG

コピーすると、セル間にはタブが挿入されているので、
タブを「|」に置換します。

1.18csv3.JPG

エンコード形式をUnicode(utf-8)形式で保存すれば、
インポートファイルの作成完了です。

G前回紹介したとおりwordpress管理画面のインポート→CSVから
作成したファイルを選択すれば個別商品ページが自動投稿されます。

タグの挿入方法、複数画像の表示方法等私としてもまだまだ
改善したい項目はあるのですが、見た目上はほとんどいつも
作成する個別商品ページができました^^

↓こちらがインポートした商品ページです。
http://dropshipper.xsrv.jp/hanebuton/no/218.html

作成したエクセルファイルはテンプレートとして保存しておき、
貼り付ける商品データさえ変更すれば、いくらでも商品は量産できます。
ただし、全商品データのファイルをテンプレート化しようとすると
あまりに重たいのでオススメできません。

※もっと楽な方法や、タグの入れ方等ご存知でしたら、是非とも
教えていただきたいと思っています。

以上、WordPressでドロップシッピングする方法(15)もしもの商品データCSVファイルから個別商品ページを量産する方法でした。

人気ブログランキングへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへアフィリエイトblogou.gif
blogram投票ボタン


メーカー直送の卸売りショッピングサイト | テレビ 紹介 | キッチン 便利グッズ |カモフラージュカメラ 専門通販 |内食グッズ取扱い | 化粧品 コスメ | 家電芸人 おすすめ家電 | エケッコー人形 | 涼しい夏用布団
タグ:もしもドロップシッピング WordPress CSV インポート csv2 post ドロップシッピング
posted by 銀(gingnangboy) at 17:27 | Comment(4) | WordPressでドロップシッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。同じような失業の憂き目にあって、同じようにECを作ろうとしているものです。お互い頑張りましょう。さて、csv2Postの情報を探していて、大変助かりました。タグなどの付け方についてお困りとのことで、僕のやっている方法を下記にコードのみになりますが、貼りつけます。

概要としては、single.phpの中に、
<span class="◯◯"><phpで特定のカスタムフィールドに入力した文字列を読み込み></span>
と指定しておき、レイアウトや文字の色などについては、cssで指定するという方法をとっています。こうやることで、csv側でタグを用意しなくてもよくなりますよ:D

<h2><?php the_title(); ?></h2>
<p class="line"></p>
<span class="copy">
<?php echo get_post_meta($post->ID, copy, true); ?>
</span>
<div class="item-photo">
<?php
$thumb = get_post_meta($post->ID, "main270by270", true);
if($thumb)
echo '<img src="'.$thumb.'" alt="" />';
?>
</div>
<div class="item-info">
<span class="spec"><?php echo get_post_meta($post->ID, spec, true); ?></span><br/>
<span class="stock"><?php echo get_post_meta($post->ID, stock, true); ?></span><br/><br/>
<span class="price"><?php echo get_post_meta($post->ID, price, true); ?></span><br/>
<?php echo get_post_meta($post->ID, paypal, true); ?>
</div>
Posted by Shinichi at 2010年02月04日 17:58
>shinichiさん

アドバイスありがとうございます^^

こんなにお詳しい方にも参考になったと言われるなんて大変びっくりです。

実は、私はCSSはほとんどいじったことがないので、
上記のコードを理解できていません。

しかし、wordpressを利用していく上で、カスタムフィールドやCSSは避けて通れないので、
是非勉強したいと思います。

上のコードは私の虎の巻として、参考にさせて頂きます。

誠にありがとうございました。
Posted by gingnangboy at 2010年02月05日 00:47
こんにちは
ブログを拝見させていただきました
中に書いてあった csv2 postを探したのですが
エラーでダウンロードページが見つかりません

よろしかったらcsv2 postの圧縮ファイルいただけないでしょうか
よろしくお願いします
Posted by 鳴海 at 2010年08月06日 00:30
>鳴海さん

コメントありがとうございます。
たしかにcsv2postが現在配布休止されている
みたいですね。

最初からサポートされているMTファイルの
インポート機能でも可能なので
こちらの記事をご参照ください。

http://otokunatuuhan.seesaa.net/article/156456970.html

MT版の個別ページ量産方法も近日中に紹介
する予定ですが、お急ぎでしたら、
こちらをご参照ください。

http://ganbaru.macha-mama.net/2010/02/movabletype10.php
Posted by gingnangboy at 2010年08月06日 01:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。