スポンサードリンク

2010年06月09日

MTOSをMySQLでインストールする方法

訪問ありがとうございます。
もしもドロップシッピング店長のgingnangboyです。

MTOSでのショップ作りの模様をブログで書くと言っていたのですが、
更なる問題が発生し、今まで延び延びになってしまいました。

最近言い訳ばっかですね^^;

さて、WordPressでショップを運営していた私がなぜにMTOSに
手を出したかと言いますと、単純にMovableTypeの方が公開されて
いるノウハウが多いと感じたからです。

私はWordPressにおいてAtaualphという無料テーマを利用していたので、
PHPもCSSも全く触らずにサイトデザインをしていました。

そこで、もうちょっと自分が思うとおりに構成を変更したいと
なってくると、どうしても勉強が必要だったわけです。

勉強するとなると公開されている情報が多いほうがやりやすいので、
とりあえずはMTOSから始めてみることにしました。

前にも言ったとおり、MTOSの方が質問できる先輩ドロップシッパーの
方が多いと言うこともありますしね^^;

ということでまずはMTOSのインストール方法を紹介します。

例のごとく私が契約しているエックスサーバー
には
MTOSの自動インストール機能があるのですが、
MTOSの場合WordPressのときのように単純にコレを利用するという
訳にはいかないようです。

というのもMTOSには使用できるデータベースがMySQLやSQLiteなど
複数存在し、Xserverの自動インストールでは勝手にSQLiteで
設定されます。

MySQLとSQLiteのどちらを選ぶべきかは、一長一短みたいです。

【参考サイト】
Movable Type データベース 比較

その上自動インストールを利用するとなぜかMT4がインストールされて
しまいます。

と言うことで私は一番無難(?)なMySQLでMT5を利用すること
に決めました。

---------------------------------------------
0.事前準備
・必要なもの:MTが動作可能なサーバー、・FTPソフト(おすすめ→FileZilla

・MySQLのデータベース(バージョン5.0 以上)の設定を
済ませておく。
データベース名、ユーザー名、パスワードの設定

1.まずはこちらからMTOSをダウンロードします。
http://www.movabletype.jp/opensource/getting-the-source.html

2.解凍したらフォルダ名をお好みで変更(ここではMTOS)。

3.ルートディレクトリにフォルダごとアップロードします。

4.FTPツールでアップロードしたファイルの中身を見てみると
拡張子が.cgiのファイルのパーミッションが[644]になっている
の[700]に変更します。(詳細は各レンタルサーバーの設定に準拠)

5.ブラウザを起動し、アドレス欄二以下を入力します。
URL + /mtos/mt.cgi

6.設定画面が登場し、MySQLを選択し、事前に設定しておいた
データベース名、ユーザー名、ホスト名を入力する。
データベースのローカルホストは初期ではlocalhostに
なっているが、各種レンタルサーバーのデータベース仕様を
ご確認のこと。
(Xerverの場合 mysql○○.xserver.jp)

後はメール設定は後でも設定可能なので、特に選択しなくても
かまいません。

----------------------------------------------

これでインストールが完了しました!

次回からはMTにログインし、サイトを作成していきたいと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへアフィリエイトblogou.gif
blogram投票ボタン

テレビで紹介 | キッチン 便利グッズ |コスメ 通販 |業務用スーパー | 化粧品 コスメ | テンガ 配達 | ギフト お中元 | ふしぎなお皿 | ダイエット ポール | 解凍くん | 解凍くん | | 速読 ソフト
タグ:MTOS MovableType もしもドロップシッピング ドロップシッピング
posted by 銀(gingnangboy) at 16:47 | Comment(3) | MTOSでドロップシッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お世話になります。
hatazouです。

先日、wpのトップページの構成について質問させていただきました。今、テンプレートタグと格闘中です。
アドバイスありがとうございました。

今日はgingnangboyさんの記事のwpでの記事量産方法について教えていただきたいのですが。

ダウンロードしたもしもcsvデータを貼り付けていくエクセル表の内容をもう少し詳しく教えていただけないでしょうか?

特にwp-content列内のhtmlテンプレートで変数部分の処理の仕方、field1,2,3は何を入れるのか、G列以降の入力と結合の仕方など。

図々しいのですが、可能であるなら実際のエクセルシートの一部をメールで見せていただくことは可能でしょうか。実際に見せていただければ理解も早いと思いますが無理でしたら文章でも結構です。


あつかましいお願いで申し訳ございませんが、何とかWPでの量産体制を構築したく、よろしくお願いします。
(メールをいただけるなら添付のアドレスでお願いいたします)

Posted by hatazou at 2010年06月10日 08:01
>hatazouさん

コメントありがとうございます。
返信遅くなって誠に申し訳ございません。

おお、テンプレートタグに挑戦されているんですね。
すばらしい。
是非完成したらノウハウを教えていただきたい
ものです。

field1,2,3はカスタムフィールドを設定したい場合で特に入力の必要はないと思いますよ。

私テンプレートのままvalueを入れてみましたが、
必要ないかなーと思っています。

テンプレートのcsvファイルのメール送付の件
問題ないですよ。

申し訳ないのですが、アドレスがどちらに添付
されているかわかりません><

お手数ですが、再度ご連絡いただけないでしょうか。
Posted by gingnangbo at 2010年06月13日 14:52
gingnangboyさま


お願いの件、お聞きいただきありがとうございます。

csvファイルの件、下記のメールアドレスで
お願いできればと思います。

よろしくお願いします。

meimei_pp1204★yahoo.co.jp
(★を@に変えてくださいね)
Posted by hatazou at 2010年06月13日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。