スポンサードリンク

2010年08月21日

301リダイレクトで「wwwあり・なし」「index.htmlあり・なし」を統一

訪問ありがとうございます。
もしもドロップシッピング店長の銀です。

みなさんは301リダイレクトって知っていますか?

SEO対策について調べたら結構頻繁に出てくる言葉
なので、知っている方も多いと思います。

知らない人にとってはものすごく専門的な言葉に
聞こえるかもしれませんが簡単に言うと、
サイトのお引越しに利用するものです。

これを行うことで旧URLにアクセスがあった際に
引越し先の新URLに自動的にジャンプさせることができます。

ここまで聞くと自分はサイトを引っ越す予定はないから
必要ないと思われるかもしれませんが、
これを行うことでSEO的にも有利になる方法があります
ので今回ご紹介します。

1..htaccessファイルの作成の前に

301リダイレクトは.htaccessという形式の
ファイルに記述し、サーバーに設置します。

※.htaccessが設置できないレンタルサーバーも
あるので確認してみてください。
ちなみに私が利用しているXserver
は設置可能です。

.htaccessファイルの作り方はテキストエディタに
今から説明する301リダイレクトのための記述を
行いhtaccess.txtというファイルで保存し、
サーバーにアップします。
その後サーバー上で「名前の変更」を行い、
.htaccessにファイル名を変更してください。


2.URLの「wwwあり」「wwwなし」を統合する記述

通常「example.com」という独自ドメインでサイトを
運営する場合、「http://www.example.com/」と「http://example.com/」の
どちらでも自分のショップが表示されますよね。

見るだけなら全く問題ないのですが、被リンクを集める
ことが重要なSEO対策においてURLが分散してしまうと
いうのはかなりのデメリットですよね。

ということでどちらか一つに統一しましょう。

「wwwあり」「wwwなし」に統一するための
301リダイレクトの記述内容は
以下の通りです。

・「wwwあり」に統一する場合
Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]
・「wwwなし」に統一する場合
Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.example\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

※当然ですがexample.comは自分の独自URLに
書き直してください。

wwwあり、なしの選択はお好きな方を選んでください。
昔はwwwありが一般的でしたが、最近はないものも
増えてきているみたいです。


3.URLの「index.htmlあり」「index.htmlなし」を統合する記述

http://example.com/で表示される内容はドキュメントルートにあるindex.htmlファイルの
内容ですよね。
つまりこの場合も同じ内容が二つのURLにまたがっている
状態となっています。

検索エンジンは「exmample.com/」と「example.com/index.html」
は同じものだと認識するようになってきている
らしいですが、index.htmlがあるのとないのとで、
googleのページランクが変わったという実例もあるみたい
なので、念のためやっておきましょう。

・index.htmlなしに統一する記述
Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]


4.サブドメインとサブディレクトリの統合

タイトルには書きませんでしたが、
実は今回私が301リダイレクトをやりたいと思った
主な理由がコレです。
私が利用しているXserverはサブドメインが
無制限に作成できます。

つまり「example.com」という独自ドメインを
取得していれば、「http://a.example.com/」「http://b.example.com/」・・・
というURLがいくらでも生成できるわけです。

無料ブログや超できすぎくんでもらえるURLも
このサブドメイン形式ですよね。

無料ブログでは1サブドメインにつき1アカウントと
割り当てられているため、当然全く別のサイトだという
認識があると思います。

しかし、利用したことがある人にとってはあたりまえの
ことですが、この一見全く別に見えるサイト達は
「example.com」フォルダ直下の「a」「b」・・・
に保存されているに過ぎません。

私はレンタルサーバーを借りた当初、このことが
よくわかっておらずサブドメインを生成したはず
なのに、「あれ?サブドメインができないな。」
と「http://example.com/a/」にリンクを送り続けて
いました。

その失敗のことをすっかり忘れていたのですが、
たまたま本日「http://example.com/a/」の
URLを見てみたところ、なんとページランクが
ついているではありませんか!

ということでリンクポピュラリティ(バックリンク評価)
をそのまま移行できる301リダイレクトをやろう
と思ったわけです。

・サブドメインとサブディレクトリを統合する記述
Redirect permanent /a/ http://a.example.com/

※ちなみにサブドメインに「www」はつかないようなので
サブドメインの場合2の記述は不要ですね。

ちなみに私のページランクのついたサブディレクトリ
形式のURLはこちらです。

http://otokunatuuhan.com/led/

ちゃんとサブドメインにジャンプしていますよね。

ちなみにリダイレクト設定後おおよそ2〜3ヶ月で
リンク情報などが新URLへ移動するようなので、
まだジャンプ先にはページランクはついていませんね。

301リダイレクトができているかどうか
確認できるツールもあります。

View HTTP Request and Response Header

こちらにジャンプ前のURLを入れて
「301 Moved Permanently 」と表示されれば
成功です。



301リダイレクトは今後も使う場面が多々ありそうなので、
自分のメモとしても記事に書いておきました。

参考になる方がいらしたら幸いです。
タグ:もしもドロップシッピング seo対策 301リダイレクト
posted by 銀(gingnangboy) at 01:04 | Comment(5) | 集客のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銀さん、先日はブログにコメントありがとうございました。

とても勉強なさっておられるのですね。
大変ためになりました。
Posted by ロハス at 2010年08月22日 20:44
>ロハスさん

銀です。
コメントありがとうございます。

DSって勉強しようと思ったらいくらでも
出てくるんで、できるだけ売上に直結するもの
だけを!とは考えているんですけどね^^

301リダイレクトも見て見ぬふりしてましたが、
ページランクはさすがにもったいないだろうと
今回勉強してみました。

参考になったのなら幸いです。
Posted by gingnangboy at 2010年08月22日 21:12
銀様、はじめまして。

301リダイレクトの事を調べていましたら、一番この記事が分かりやすかったので、思わずコメントしちゃいました。

実は、

http://www.hukushi-work.jp/mobi_sbs/

このサイトなんですが、中古ドメインとして購入したのですが、被リンクはwww.hukushi-work.jpについているのに、かれこれ2年以上もサイト運営していたのです(泣)

wwwありとなしでは、リンクの力を受け継がないばかりか、wwwありと、wwwなしの両方でアクセスが可能であれば、ペナルティーを受けるそうですね。

実際にあるキーワードでは、検索結果から消えちゃいました(笑)

「あーペナルティーなんだなー、やっぱ中古ドメインだからかなー」と放置していたのですが、301リダイレクトの存在を知り、「単に、ボンミスか!?」と思って、情報収集した後に、銀様のページにたどり着きました。

301リダイレクトのことだけではなく、

>しかし、利用したことがある人にとってはあたりまえの
ことですが、この一見全く別に見えるサイト達は
「example.com」フォルダ直下の「a」「b」・・・
に保存されているに過ぎません。

私はレンタルサーバーを借りた当初、このことが
よくわかっておらずサブドメインを生成したはず
なのに、「あれ?サブドメインができないな。」
と「http://example.com/a/」にリンクを送り続けて
いました。


の部分も読ませて頂き、私も同じ間違いをしている事が分かりました(苦笑)

さっそく修正に入ります。

改めて非常に参考になりました。

ブックマークさせて頂いて、また何かと疑問がわいた時に寄らせて頂きます。

では失礼します。

新里
Posted by ブックマーク at 2010年11月22日 11:52
新里様

コメントありがとうございます。
銀です。

同じようなことで悩まれていた方からのコメント
を頂いて私も本当に嬉しいです^^

最近ブログをサボリがちだったのですが、
このようなコメントをいただくとまた書く
意欲がわいてきます。

今後も気軽に遊びに来ていただいたら幸いです。
Posted by at 2010年11月22日 13:49
まぁ賢い奴は学校の教師なんかにならねーからな ボケてるけどしおり
Posted by 長澤まさみ ?ぐ at 2013年07月07日 16:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。