スポンサードリンク

2010年08月27日

WordPressのプラグインCSV Importerで商品ページを量産する方法

訪問ありがとうございます。
もしもドロップシッピング店長の銀です。

さて、本日は別の記事では既に書くと予定していた
WordPressのプラグインCSV Importerで商品ページを量産する方法を
紹介したいと思います。

私のブログで最も読まれている以下の記事

もしもの商品データCSVファイルから個別商品ページを量産する方法

で、肝心のプラグインCSV2POSTの配布が終了となっていたため、
MTでのデータ形式でのインポート方法などで補足を
行ってきました。

しかし、ついにCSV2POSTに変わる新たなプラグインを見つけました。
と偉そうに言ってしまいましたが、こちらのブログで
紹介されていたのを見つけただけですけどね^^;

WordPressの一括投稿と重複削除のプラグイン
(なぜかこちらさままで投稿が消えていたので、キャッシュにて紹介させて
いただきました。)

さてそれではこちらさまの手順どおり実施してみましょう!

1.CSV Importerプラグインの導入

まずはCSV Impoterをこちらからダウンロード

http://wordpress.org/extend/plugins/csv-importer/other_notes/

ダウンロードしたZipファイルを解凍し、生成されたフォルダをまるごろ
/wp-content/pluginsフォルダにアップロードします。

WordPressの管理画面でプラグインを有効化すると、
「ツール」に「CSV Importer」が追加されました。

これで導入は完了です。

試しにサンプルをインポートしてみましょう。
さきほどCSV Importerをダウンロードしたページに、
Example以下の記述があると思います。

それがサンプルのCSVデータです。

これをコピーし、テキストファイルに貼り付けます。

「.csv」「.txt」どちらの形式でもいいので保存します。
※文字エンコードは「UTF8+LF」がいいと思われます。

さて、「ツール」⇒「CSV Import」をしてサンプルファイルを選択。
「Import」ボタンを押すと完了です。

CSV2POSTのときのようにインポートした投稿のタイトルがズラズラと
表示してくれればいいのですが、それはないみたいです。

「投稿」をクリックしてみると、しっかりインポートできていました。
201000827.JPG

さて、この投稿できた記事とサンプルのCSVデータを見比べることで
あらかたインポートファイルの形式は把握できます。


2.CSVインポートファイルの雛形をつくる

さて、サンプルファイルをインポートしてみた結果、
以下のことがわかると思います。

・csv_post_title⇒記事のタイトル
・csv_post_post⇒記事の内容
・csv_post_type⇒ページとしてインポートする場合は「page」と記入
・csv_post_excerpt⇒記事の概要
・csv_post_tags⇒タグ
・csv_post_date⇒投稿の日付
・csv_post_author⇒作成者
・csv_post_slug⇒スラッグ
・custom_field_1・・・⇒カスタムフィールド1・・・の値

ちなみにインポートファイルに記載のあった1行目の内容は
投稿されていないので、インポートファイルのヘッダーという扱いに
なっていることもわかると思います。

さて、このブログで今まで紹介した2つのパターン同様、
商品ページの量産のためには「記事の内容」をあらかじめ作った
商品ページの雛形に、もしもの商品データCSVファイルの内容を
差し替えていく
という作業が必要になりますよね。

もしもの商品データCSVファイルから個別商品ページを量産する方法
で紹介したエクセルのセルを利用した方法でもいいですし、
MTOSでもしもドロップシッピングの商品データCSVから個別商品ページを量産する方法
で紹介したCSVコンバータを利用する方法でもいいと思います。

どちらかというとCSVコンバータを利用する方が楽そうなので、
今回は後者の方を選択します。

CSVコンバータのダウンロードと、使用方法は前述の記事をご覧ください。

さて、手順としては先ほど保存したサンプルファイルをCSVコンバータの
雛形である「.htm」ファイルとして保存します。

そして、1行目のヘッダー領域はそのままにして、
2行目の頭に繰り返しの先頭となる[start::]
記述します。
2行目終了後の改行直後に[end] と記述し、
それ以降の内容は消してください。

こんな感じ

201000827-2.JPG

さてこの後は差し替える部分を「CSVデータの列数」と対応した
[insert:n]
に置き換えていけばよいのですが、
まだ元となる商品データのCSVファイルを
用意していませんでしたね。


3.登録する商品のCSVデータファイルを作成

もしもの商品 CSV ダウンロードから商品データCSVをダウンロードし、
投稿したい商品のデータのみピックアップします。

もともとのCSVファイルのカテゴリ分けやタグ付けはかなりザックリ
したものなので、自分が分けたいように修正することをおすすめ
します。

他にも「投稿の日付」や「スラッグ」もお好みで追記するのが
よいでしょう。

インポートに必要なデータの揃ったCSVファイルが作成できたら、
先ほどの雛形の「.html」ファイルと対比させていきます。

例えば記事のタイトルを商品名にするとして、
「商品名」がCSVファイルの2行目ならば[insert:2]といった具合に。

※注意して欲しいのが「記事の内容」の部分にアンカーテキストを
入れると思います。
その際の""を2重にしないとフィールドの区切りがおかしくなりますので
ご注意ください!


4.CSVコンバータでインポートファイルを生成

作成した雛形の「.html」ファイルと商品データの「.csv」ファイル、
結合して出力される「.txt」ファイル三つを指定して、
CSVコンバータを実行します。

すると見事にCSV Importerの形式のインポートファイルが生成
されます。

CSVコンバータ利用時にはファイルのエンコード方式がShif-JISなので、
これを「utf8」「改行=LF」に変換したらインポートの準備完了です。

「ツール」⇒「CSV Importer」でインポートしてみて、
「投稿」に正しく追加されていれば完了です。


5.【補足】重複した投稿を削除してくるプラグイン

CSV Importerを利用する際に実験的に試したり、
投稿失敗したりなどすると重複して記事が投稿されてしまう
ことがあります。

そんなときに便利なプラグインはこちら

Delete Duplicate Posts

こちらの利用方法は簡単!
通常通りダウンロード⇒解凍⇒プラグインフォルダにアップ⇒有効化

「ツール」に「Delete Duplicate Posts」が表れるので、
クリックすると自動で重複した記事のタイトルがピックアップ
されます。
「削除」をクリックすると重複したもののみ削除してくれる
便利なプラグインです。


さて、取り急ぎ書いてみたので説明がかなり雑になっています。

しかし、私のブログの中では皆さんに興味を持ってもらえる
分野の記事なので、今後もわかりやすく修正していきたいと
考えています。

わかりづらいぞー。というご指摘があればバシバシお願いします。

【PR】ヨガポール | 業務用スーパー
| テンガ フリップライト | カモフラージュカメラ | 置時計型ビデオカメラ | サングラス型ビデオカメラ | ふしぎなお皿 | 3gf
タグ:もしもドロップシッピング
posted by 銀(gingnangboy) at 01:20 | Comment(3) | WordPressでドロップシッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

こちらのサイトを参考にショップを作成しています。

CSVデータをインポートすると、タイトル部分が空白になってしまいます。

タイトル部分をcsv_post_titleもしくはpost_titleと入力しています。

初心者なもので、調べても分からなかったので、参考に教えてもらえないでしょうか?

お忙しいと思いますが、宜しくお願いします。
Posted by りぃ at 2010年11月14日 22:36
>りぃさん

はじめまして。
私にわかることであればなんでも
答えさせていただきますよ。

ただ以上の条件だけではなかなか何が
問題なのか特定することが難しいです^^;A

csvファイルのタイトルの列の最初の文字列は
csv_post_titleで問題ないと思います。

タイトル以外は正しく表示されていますか?

おそらくよくひっかかるポイントとしては
インポートファイルの文字エンコードが
UTF8+LFになっていないこと。

もしくはエクセルでCSVファイルの保存時に
区切り文字が変換されている場合などが
あります。

どちらの場合もまずテキストエディタで
正しいインポート形式になっているか
確認してみてください。

推測で言っているので全く見当違い
だったら追加でご質問くださいね^^
Posted by at 2010年11月17日 01:42
こんにちは、今までwindowsのエクスプローラで管理していたファイルをワードプレスに移行しようと思っています。
その際、「ファイル名をページのURL」としたいのですが、可能でしょうか?

sample.phpというファイル名であれば、それがURLに割り当てられるようにしたいです。
何も指定しないと、ページタイトルがURLになってしまうようです。
Posted by 佐藤敦 at 2012年04月25日 01:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。