スポンサードリンク

2010年09月28日

ドロップシッピングショップの運営に迷ったらこれを読め!

おはようございます。
とうとうテレビを買っちゃいました。
もしもドロップシッピング店長の銀です。

もしもドロップシッパーなら誰もが知っている我らが
「柿内ひとみ」先生の著書。

ドロップシッピングで2.5億円売り上げた ヒトミ先生が教えるネットショップ構築テクニック [単行本]

を毎晩寝る前に読んでいて、今更ながら読み終えました。

IMG_0003.jpg

ウトウトした状態で読んでいるので、今更ながらですみません。

さて、早速こちらの書籍なんですが、「もしもドロップシッピングを
始められたばかりの方必読です!」

私が繰り返しこのブログでおすすめしてきたのは、
最初に「もしものスタートアップパック」読んで、
運営に迷ったときにも何度もこれを読み直そうと
いうものでした。

こちらの書籍はスタートアップパックから更に進んで、
ショップ構築の原点」が明確に説明されています。

実際にショップの構成の仕方というのはライバルや
成功者の方のサイトを参考にしながら時間を掛けて
自然と身につけていくものですよね。

しかし、こちらの書籍ではもしもドロップシッピングで
一番の成功者といっても柿内ひとみ先生のショップ構成の
手法が学べるんです。

しかし、ここで注意していただきたいのが何も最初から
柿内先生のように綺麗なページを作りましょうと言って
いるわけではありません。

柿内先生も著書内で、綺麗なページ=売れるページではないと
はっきりおっしゃられています。

この本に書いてあるようなショップを作ろうとしたら、
まずはページ作りの前に、しっかりとその商品を売る
ためのストーリーができていることに気づくはずです。

その上でサイトをより魅力的にするために、

・商品画像をより魅力的に見えるように加工
・価格の魅力をアップさせるような表記
・類似商品との差別化のためのキャッチコピー


のような手間が加わっています。

と、ここまでやるからには商品選びにも自然と力が入りますよね。

私もそうなんですが、しっかりとサイトの骨組みを決めず
にページ作りを始めてしまうと、いつの間にやらゴールが
わからなくなっていしまい、ただ時間だけが過ぎていく
ということがよくあります。

綺麗な画像が作れるかは別にしてこの点はすぐにでも
真似することができますよね。

もちろんGIMPというフリーの画像ツールを使った
画像作成の手法も解説されています。

画像作りをほとんどやったことのない私にはこの点も
大変ありがたかったです。

私もいっちょサイトを一から作り直してみようと
考えていますので、作り始めたらご紹介しますね。

ということでDSショップ運営に悩んでいる方、
是非こちらの書籍、おすすめです。




[PR]ハロウィン衣装 | 置時計型ビデオカメラ | カモフラージュカメラ | ラムダッシュ es-ga21 | iPhone4 自転車ホルダー | リーボック イージートーン
タグ:もしもドロップシッピング
posted by 銀(gingnangboy) at 00:53 | Comment(2) | 参考書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銀さんへ
主婦(主夫)の味方、便利グッズ取扱店のtoshihiroです。
ご丁寧にブログに、コメントを入れて下さりありがとうございます。
色々な方の、ショップを拝見するのも勉強になります。
銀さんのショップ「内食グッズ専門店・お得な通販.com」を拝見させて頂いた私の感想です。
私も、同様の商品を取り扱っていますので、とっても参考になりました。
私の、ショップはまだまだこれからやらなければならないことばかりです。
お互いに、アクセスアップを目指して頑張りましょう。
ブログにコメントを頂きありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。
Posted by toshihiro at 2010年10月01日 22:15
>toshiroさん

コメントありがとうございます。
いえいえ、こちらこそ大変ご丁寧にありがとう
ございます。
私のショップをご覧頂いたんですね。

ズバリ駄目なところを言ってもらえませんか?^^

と言いますのも私もサイトの改良を検討して
いまして、その様子をブログに書いていき、
もっとこうした方がいい、などのアドバイスを
求めようかと考えていたところなんです。

やはり、自分だけだと気づかない部分が
多いですからね。

せっかくのコミュニケーション可能なブログと
言う媒体を利用しているので、是非とも
お互い切磋琢磨しあいましょう。

結果的にアクセスアップにもつながったらいい
ですよね。

それでは今後ともよろしくお願いします。
Posted by at 2010年10月03日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。