スポンサードリンク

2010年02月11日

WordPressでドロップシッピングする方法(17)Twitter連携用プラグイン「Tweetable」で自動つぶやきする方法

こんにちは。gingnangboyです。
ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ

ポチッと応援よろしくお願いします^^

現在ニートの私がドロップシッピングで生活費を稼ぎ、
中小企業診断士の資格を取得しコンサルタントになれる様奮闘中です。

ドロップシッピングに興味に興味があり、始めようと思われる方は
もしもドロップシッピングの始め方
からご覧ください。

▼もしもドロップシッピングへの登録はこちらから
もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピングでショップを開店したけれども、
日々の運営って何をしたらいいの?
と言う方はこちら↓をご覧ください。
もしもドロップシッピングのコツ 商品選び編
もしもドロップシッピングのコツ ページ作り編
もしもドロップシッピングのコツ 集客編


もしチャレの輪★★もしチャレの輪2★★もしチャレの輪3

▼もしもチャレンジの応募はこちら。
もしもドロップシッピング

割引コードは417640です。


***************************************************

以前、もしもドロップシッパーのTwitter(ツイッター)活用術(1)ツイッターをやるメリット
にてWordPressで記事を投稿した際に、Twitterに自動でつぶやいて
くれるプラグインがあるとチラッと言いました。

今回は、wordpressへの投稿時に自動でTwitterに投稿することが
可能になるプラグイン「Tweetable」について紹介します。

↓まずはこちらからダウンロードします。
http://wordpress.org/extend/plugins/tweetable/

通常通りpluginフォルダにアップロードし、インストールします。

有効にすると管理画面の「設定」の下に「Twitter」という項目が
追加されています。

「Twitter」をクリックすると、下のような設定画面が表示されます。

210tweetable.JPG

設定画面が英語表記のため、「とりあえずクリックしたれー。」
と普段なら先に進んでしまいますが、少し待ってください。

この画面に今から設定する項目についての指示が書いてあります。

1.Application Name ←ブログタイトルを記入
2.Description ←ブログの説明(discription)を記入
3.Application Website ←ブログのURLを記入
4.Application Type ←Browserを選択
5.Callback URL ←画像の下線部URLをコピペ
6.Default Access Type ←Read & Writeを選択

ブログタイトルなどは自分でわかるでしょうから、5のURLを
コピーして置いてください。

それでは「Register Application」をクリックします。

Twitterのログイン画面が現れ、ログインすると以下のような
Twitterのアプリケーション設定画面が現れます。

210tweetable2.JPG

項目内容を見てみると確かに1〜5で確認しておいた、
設定項目があります。

1〜5で指定された以外の設定項目は空欄でOKです。

画像認証して、「保存をクリック」します。

するとConsumer KeyとConsumer Secretが表示されます。
このキーを次のステップで入力するのでこのページは消さないで
そのままにしておきましょう。

さきほど設定中のWordPress管理画面のに戻ります。

「continue」をクリックします。

ここで、さきほどのConsumer KeyとConsumer Secretを入力します。

「Save and Continue」をクリックします。

Twitter Usernameと表示されるので、自分のTwitterアカウント名を
入力します。

後はYES連発でOKです。

WordPressの記事を投稿すると登録したTwitterアカウントで自動で
つぶやかれているので確認してみてください。

細かな設定は私もいろいろとお試し中なので、またわかり次第
紹介したいと思います。

以上、WordPressでドロップシッピングする方法(17)Twitter連携用プラグイン「Tweetable」で自動つぶやきする方法でした。

人気ブログランキングへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへアフィリエイト
blogou.gif



▼私がお世話になっているもしもドロップシッピングはこちら

もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業 副業にも

今回のもしチャレの輪ショップ紹介は、
Yozo さんのショップです。

禁煙 禁煙グッズ 電子タバコ 通販

電子タバコを専門に取り扱われているショップです。
電子タバコという強豪キーワードで頑張られています。

最下部に欲しい商品検索君を設置してあるのが便利ですね。

勉強させていただきました。
ありがとうございました。

▼もしもチャレンジの応募はこちら。
もしもドロップシッピング

割引コードは417640です。


もしチャレの輪で一緒に頑張っていただける人
是非是非gingnangboyにもしチャレの輪を送信してください^^

ちなみに、私はバリュープランに申し込みました。

アレルギー対策
・花粉症対策
A&D 口鼻両用超音波ホットシャワー 3
除菌洗水AG+ 2リットル
鹿児島産 べにふうき
オーガニック綿バスタオル
花粉対策グッズポレノン

いつも応援ポチッっとありがとうございます。
「WordPressでドロップシッピングする方法(17)Twitter連携用プラグイン「Tweetable」で自動つぶやきする方法」の続きを読む

posted by 銀(gingnangboy) at 23:21 | Comment(2) | WordPressでドロップシッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月28日

WordPressでドロップシッピングする方法(16)プラグイン「DDSitemapGen」でサイトマップ作成

こんにちは。gingnangboyです。
ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ

ポチッと応援よろしくお願いします^^

現在ニートの私がドロップシッピングで生活費を稼ぎ、
中小企業診断士の資格を取得しコンサルタントになれる様奮闘中です。

ドロップシッピングに興味に興味があり、始めようと思われる方は
ドロップシッピングの始め方
からご覧ください。

もしもドロップシッピングでショップを開店したけれども、
日々の運営って何をしたらいいの?
と言う方はこちら↓をご覧ください。
もしもドロップシッピングのコツ 商品選び編
もしもドロップシッピングのコツ ページ作り編
もしもドロップシッピングのコツ 集客編


もしチャレの輪★★もしチャレの輪2★★もしチャレの輪3

▼もしもチャレンジの応募はこちら。
もしもドロップシッピング

割引コードは417640です。


***************************************************

前回csvファイルをインポートして個別商品ページを量産する方法
成功しました。

今までせっせと作っていた個別商品ページが、簡単に作られるように
なったので、サイト内のボリュームも一気に膨らみます。

となってくると、訪問者をスムーズに誘導するためのサイトマップが
有効となります。

しかし、一気に増えた個別商品ページへのリンクを自分で作るのは
大変手間がかかりますよね。

そこで、便利なプラグインがこちら↓
DDSitemapGen

このプラグインを入れて、サイトマップを表示したいページに
あるコマンド記述するだけで、全てのページのサイトマップを
作成してくれるんです。

もちろん掲載したくないページを外す設定もあります。

それでは、導入方法を紹介します。

1.DDSitemapGenのダウンロード

2.いつもどおりpluginフォルダにアップし、有効にする。

3.Wordpress管理画面の「設定」にDDSitemapGenをクリック。

4.languageをjapaneseに変更

5.サイトマップのページスラッグはわかりやすく[sitemap]に設定

6.sitemapの表示形式や、掲載したくないページの設定などはお好みで

7.「その他」→「XML Sitemapのファイルパス」に[/sitemap.xml]と入力

8.新規ページ作成で、ページスラッグ[sitemap]、本文中に[]と入力し投稿する

9.実際にできているかサイトを見て確認し、細かな設定の調整を行う

たったこれだけで、記事がドンドン増えていっても自動で
サイトマップは更新されていきます。

ブログとしてWordpressを利用されている人にも大変有効なプラグインだと思います。

以上、WordPressでドロップシッピングする方法(16)プラグイン「DDSitemapGen」でサイトマップ作成でした。

人気ブログランキングへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへアフィリエイト
blogou.gif



▼私がお世話になっているもしもドロップシッピングはこちら

ドロップシッピングで副業


今回のもしチャレの輪ショップ紹介は、
なおなおさんのショップです。

ベビー用品 ベビちゃん


ベビー用品を取り扱われているショップです。
素材を自作されていて、その素材の手書き感がショップに温かみを
あたえています。

本当に赤ちゃんがいらっしゃるオーナーさんなんでしょうね。
実際に商品で遊ぶ赤ちゃんの写真が掲載されています。

これに勝る宣伝効果はないですよね^^

サイトの作りこみも完璧です。
こんなショップが作りたいなー。

▼もしもチャレンジの応募はこちら。
もしもドロップシッピング

割引コードは417640です。


もしチャレの輪で一緒に頑張っていただける人
是非是非gingnangboyにもしチャレの輪を送信してください^^

ちなみに、私はバリュープランに申し込みました。


【イチオシ商品】
除菌洗水AG+ 2リットル(スプレーボトルセット)
H2O スチームモップ 得々セット!日本語説明書付き
割れチョコ ドデカゴン 12種 1kg
バケツプリン 1リットル(チョコレート)
チュベ・ド・ショコラ 割れチョコミルク 800g

【おすすめショップ】
コスプレ衣装 激安通販
ダイエット 通販
ジャージ・スポーツウェア・激安通販


*****************************************
【WordPressでドロップシッピングする方法】
(1)WordPressとは?
(2)おすすめレンタルサーバー
(3)WordPressをインストールする Xserver編
(4)WordPressをインストールする
(5)ログイン後最初に行う設定
(6)プラグインを導入する方法
(7)最初に入れるプラグイン
(8)カスタマイズが自由自在のテーマAtahualpaを利用しよう
(9)XHTML対応WYSIWYGエディタ「KompoZer」を利用しよう
(10)一つのWordPressで複数サイトを運用する方法
(11)プラグイン「Ktai style」の最初に行うべき設定
(12)プラグイン「Breadcrumb Navigation XT」でパンくずリストを作成する
(13)携帯サイトにアドセンス広告を表示する方法
(14)CSVファイルをインポートして一括投稿できるプラグインcsv2 post
(15)もしもの商品データCSVファイルから個別商品ページを量産する方法
(16)プラグイン「DDSitemapGen」でサイトマップ作成

いつも応援ポチッっとありがとうございます。
「WordPressでドロップシッピングする方法(16)プラグイン「DDSitemapGen」でサイトマップ作成」の続きを読む

posted by 銀(gingnangboy) at 22:35 | Comment(0) | WordPressでドロップシッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月18日

もしもの商品データCSVファイルから個別商品ページを量産する方法

【2010年8月追記】
※csv2postが配布を終了したみたいなので、
MT形式でのインポート方法を紹介しましたが、
別のCSVインポート用プラグインが出ているみたいですね。

CSV Importerを利用する方法はこちら

WordPressのプラグインCSV Importerで商品ページを量産する方法

MT形式でインポートしたい方は1、2の順に参照

1.MTOSでもしもドロップシッピングの商品データCSVから個別商品ページを量産する方法

2.MTOSでもしもドロップシッピングの商品データCSVから個別商品ページを量産する方法

訪問ありがとうございます。
もしもドロップシッピング店長のgingnangboyです。

いつも応援ポチッっとありがとうございます。

前回の記事WordPressでドロップシッピングする方法(14)CSVファイルをインポートして一括投稿できるプラグインcsv2 post

商品データを並び替えて作ったcsvファイルをインポートすること、
個別商品ページの量産化が可能であると言いました。

PHPのプログラムわかればもっとスマートにできるのかも
知れませんが、私がなんとか力技で並び替えて、量産化に成功
した方法を紹介します。

@まずはもしもの商品データCSVファイルをダウンロードします。
↓こちらかどうぞ
商品データCSVファイルダウンロード

Aダウンロードしたページにも書いてありますが、このCSVファイルを
開く際にエクセルの外部データの取り込みから開き、画像コードを
文字列として取り込みます。

CSVではこの情報を保存できないので、エクセル形式で保存します。

B新しいエクセルファイルを開き、csv2 postのフォーマットどおりに
1行目を記述します。

wp_title、wp_post_date、wp_category、wp_content、field1、field2、field3
をA〜G列に順番に入力します。

その下に対応するもしもの商品データを貼り付ければよいのですが、
記事の中身であるwp_contentをどうやって作成するかがポイント
ですよね。

そこで、前もって個別商品ページの基本となるhtmlテンプレートを
考えておきます。
私の場合商品写真、価格、カートを配置。
その下に商品説明、商品スペックと言う基本的な構造にしました。

Chtmlテンプレートの画像番号や商品idなどの変数以外の部分を
細切れにしてG列以降に順番で貼り付けていきます。

変数を入れたい列は空にして置いてください。
1.18csv1.JPG



このエクセルファイルはテンプレートとして利用するので、
大体50列目ぐらいまでは内容をコピーしておきましょう。

注)HTMLソースにはenterキーによる改行は入れないでください。

D空欄にしておいた変数である商品データを対応列に貼り付けます。
 商品id等の2度以上利用する部分はエクセルの「=」で
 セルを参照できるので、極力貼り付け回数を減らせる様に
 しましょう。
 これで記事の中身がG列以降のセルに細切れ状態で作成できました。

Ewp_contentの対応列D列にCONCATENATE関数を挿入します。
 指定したセルを結合できる関数です。
 この関数を利用してG列以降の細切れになったセルを全て
 結合してやります。
 注)上限30列まで

 これでA〜G列までを見るとcsv2 postのフォーマットどおりに
 並んでいます。

FA〜G列だけをコピーしてテキストエディタに貼り付けます。
1.18csv2.JPG

コピーすると、セル間にはタブが挿入されているので、
タブを「|」に置換します。

1.18csv3.JPG

エンコード形式をUnicode(utf-8)形式で保存すれば、
インポートファイルの作成完了です。

G前回紹介したとおりwordpress管理画面のインポート→CSVから
作成したファイルを選択すれば個別商品ページが自動投稿されます。

タグの挿入方法、複数画像の表示方法等私としてもまだまだ
改善したい項目はあるのですが、見た目上はほとんどいつも
作成する個別商品ページができました^^

↓こちらがインポートした商品ページです。
http://dropshipper.xsrv.jp/hanebuton/no/218.html

作成したエクセルファイルはテンプレートとして保存しておき、
貼り付ける商品データさえ変更すれば、いくらでも商品は量産できます。
ただし、全商品データのファイルをテンプレート化しようとすると
あまりに重たいのでオススメできません。

※もっと楽な方法や、タグの入れ方等ご存知でしたら、是非とも
教えていただきたいと思っています。

以上、WordPressでドロップシッピングする方法(15)もしもの商品データCSVファイルから個別商品ページを量産する方法でした。

人気ブログランキングへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへアフィリエイトblogou.gif
blogram投票ボタン


メーカー直送の卸売りショッピングサイト | テレビ 紹介 | キッチン 便利グッズ |カモフラージュカメラ 専門通販 |内食グッズ取扱い | 化粧品 コスメ | 家電芸人 おすすめ家電 | エケッコー人形 | 涼しい夏用布団

いつも応援ポチッっとありがとうございます。
「もしもの商品データCSVファイルから個別商品ページを量産する方法」の続きを読む

posted by 銀(gingnangboy) at 17:27 | Comment(4) | WordPressでドロップシッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月16日

WordPressでドロップシッピングする方法(14)CSVファイルをインポートして一括投稿できるプラグインcsv2 post

【追記2010年8月】
csv2postの配布が終了しているため、
MT形式でのインポートを推奨していましたが、
現在では別のCSV Importerというプラグインが配布
されているようです。

CSV Importerを利用する方法はこちら

WordPressのプラグインCSV Importerで商品ページを量産する方法

訪問ありがとうございます。
もしもドロップシッピング店長のgingnangboyです。

もしチャレの輪なんかで他の方のショップを見ていると、
膨大な数の商品を取り扱ってらっしゃるショップを見かけますよね。

さすがに手入力では無理だろうと思っていたのですが、
どうやったらできるのか疑問に思っていました。

他の方のブログを拝見してわかったのですが、MT(ムーバブルタイプ)
にはもしもが提供する商品データのCSVファイルをインポートして
作成できる機能があるそうです。



いつも応援ポチッっとありがとうございます。

いつも応援ポチッっとありがとうございます。
「WordPressでドロップシッピングする方法(14)CSVファイルをインポートして一括投稿できるプラグインcsv2 post」の続きを読む

posted by 銀(gingnangboy) at 18:55 | Comment(0) | WordPressでドロップシッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月12日

WordPressでドロップシッピングする方法(13)携帯サイトにアドセンス広告を表示する方法

こんにちは。gingnangboyです。
ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ

ポチッと応援よろしくお願いします^^

現在ニートの私がドロップシッピングで生活費を稼ぎ、
中小企業診断士の資格を取得しコンサルタントになれる様奮闘中です。

ドロップシッピングに興味に興味があり、始めようと思われる方は
ドロップシッピングの始め方
からご覧ください。

もしもドロップシッピングでショップを開店したけれども、
日々の運営って何をしたらいいの?
と言う方はこちら↓をご覧ください。
もしもドロップシッピングのコツ 商品選び編
もしもドロップシッピングのコツ ページ作り編
もしもドロップシッピングのコツ 集客編




▼私がお世話になっているもしもドロップシッピングはこちら
ドロップシッピングで副業


***************************************************

アドセンス広告を掲載してアフィリエイトする方法を先日
紹介しました。

やってみられた方は気づかれたかと思いますが、
モバイル コンテンツ向け AdSense という
携帯向けの広告もあったかと思います。

プラグイン"Ktai style"によって携帯サイト対応になっているので、
携帯の方にもアドセンス広告を載せたいですよね。

まずはアドセンスの管理画面から入って、モバイル コンテンツ
向け AdSenseのコードを取得します。

基本的にデフォルトのままで問題ないですが、
シングルとダブルを選択する項目があり、
これは掲載する広告の数を意味します。

次に携帯サイトのヘッダーかフッターどちらに表示させたいか
検討します。

私は両方にコードを貼り付けて、文字化けするという事態に
悩まされました。

利用はわからないですが同じページに二つ以上のコードを張り
つけると、文字化けするようです。

ヘッダーに掲載したい場合は選択しているKtai styleテーマの
header.phpにコードを挿入します。

デフォルトの場合、
wordpress/wp-content/plugins/ktai_style/themes/default/
の中にあります。

挿入場所はheader.php内の一番下がいいかと思います。

ここに貼り付けることで、タイトルの下、記事の上に広告が
掲載されます。

携帯サイトの場合ここが最もクリックされる場所だと思います。

自サイトを見る前に他サイトへ流れてしまうんじゃないかと
不安の人は、フッターに掲載しましょう。

同じフォルダ内のfooter.php内にコードを貼り付ければOKです。

携帯サイトの場合PCよりも閲覧者の視点が一箇所に集中しやすい
のでクリック率は高くなると思います。

是非まだ携帯にアドセンス広告を掲載していない方は
参考にされてみてはいかがでしょうか。

以上、WordPressでドロップシッピングする方法(13)携帯サイトにアドセンス広告を表示する方法でした。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ
blogou.gif





▼私がお世話になっているもしもドロップシッピングはこちら

ドロップシッピングで副業


今回のもしチャレの輪ショップ紹介は、
hisaさんのショップです。

電子タバコ 比較 口コミ 通販


電子タバコ専門ショップですが、比較表を作ってらっしゃいます。

これは素晴らしいですね。
購入者はかなり選びやすくなると思います。

比較表意外でも内容てんこ盛りで、すごく丁寧に作られた
サイトだと思います。

勉強させていただきました。
ありがとうございます。

▼もしもチャレンジの応募はこちら。
もしもドロップシッピング

割引コードは417640です。


もしチャレの輪で一緒に頑張っていただける人
是非是非gingnangboyにもしチャレの輪を送信してください^^

ちなみに、私はバリュープランに申し込みました。


【おすすめネットショップ】
ジャージ・スポーツウェア・激安通販

ミリタリージャケット・ウェア 通販

ゴルフ 練習 グッズ 激安通販

*****************************************
【WordPressでドロップシッピングする方法】
(1)WordPressとは?
(2)おすすめレンタルサーバー
(3)WordPressをインストールする Xserver編
(4)WordPressをインストールする
(5)ログイン後最初に行う設定
(6)プラグインを導入する方法
(7)最初に入れるプラグイン
(8)カスタマイズが自由自在のテーマAtahualpaを利用しよう
(9)XHTML対応WYSIWYGエディタ「KompoZer」を利用しよう
(10)一つのWordPressで複数サイトを運用する方法
(11)プラグイン「Ktai style」の最初に行うべき設定
(12)プラグイン「Breadcrumb Navigation XT」でパンくずリストを作成する
(13)携帯サイトにアドセンス広告を表示する方法
(14)CSVファイルをインポートして一括投稿できるプラグインcsv2 post
(15)もしもの商品データCSVファイルから個別商品ページを量産する方法
(16)プラグイン「DDSitemapGen」でサイトマップ作成

いつも応援ポチッっとありがとうございます。
「WordPressでドロップシッピングする方法(13)携帯サイトにアドセンス広告を表示する方法」の続きを読む

posted by 銀(gingnangboy) at 01:34 | Comment(0) | WordPressでドロップシッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。